大田区西蒲田の宮下外科|脳神経外科・外科・消化器内科

医師紹介

院長 宮下 瑛

院長 宮下 瑛

当院は1980年に開院し、1989年に現在地に移転しました。脳神経外科、外科、消化器内科のほか、各種健診、人間ドック、リハビリテーションなど、多岐にわたって診ています。特に、勤務医時代に脳神経疾患の外科手術に携わってきた経験から、手・足・舌のしびれ、頭痛、めまい、歩行の異常といった脳神経の症状を診断・治療することは得意としています。

また、エコーやレントゲンのほか、CTや脳波計などの機器も取りそろえ、幅広い検査が行える環境でもあります。

患者さんとのコミュニケーションを大切にし、つらい症状を抱えて身も心も弱ってしまっている患者さんを笑顔にするのが私たちの仕事だと心得ています。今後もスタッフともに、心の通った医療の提供に尽力いたしますので、困ったことがあれば、お気軽にお越しください。

略歴

1960年
千葉大学医学部 卒業
1961年
日本赤十字社中央病院 インターン研修
1961年
大森赤十字病院外科 勤務
東邦大学第一生理学 研修
1969年
東京大学脳神経外科 研修
1969年
大森赤十字病院外科 副部長
1970年
大森赤十字病院外科 脳神経外科 副部長
1972年
大森赤十字病院外科 脳神経外科 部長
1976年
大森赤十字病院外科 第一脳神経外科 部長
1980年
宮下外科 開院
1987年
法人化移行<医療法人社団英信会>

医師 宮下 真信(非常勤)

医師 宮下 真信(非常勤)